紙平老舗の商品


品名
コメント
でっち羊羹
当店を代表する和菓子です。
半生状態の羊羹を、竹皮に薄く延ばし包み、蒸してあるのが近江八幡の「でっち羊羹」です。
一般的な「練り羊羹」とは、製法など全く違います。

追記:
近江八幡は昔から「でっち羊羹」を作るお店が数店舗ありそういった事で「名物」となっている訳です。  一つのお店がどう頑張っても地域を代表する”名物”までにはなりません。
近年、どこの地方でも作られるようになってきました。 名が売れると仕方ない事かもしれません。

いつの頃から作り始められたのかというと江戸時代の後期頃だろうと思われます。
昔、竹皮の調達に苦労したことなど先代より聞いているのですが、残念ながら製造を始めた頃の話は聞かせれていません。
因みに、「でっち羊羹」の発祥の店といわれるお店は存在しません。
理由として、江戸、明治、大正、昭和の初めまで「でっち羊羹」というものは、今のような名の通ったお菓子ではなく「田舎饅頭」や「酒饅頭」といったポピュラーなお菓子でした。 そういった事もあり「発祥の店」というものが判らないのだと思います。
今後、「言った者が勝ち」というような店が出てこない事を祈るばかりです。
(登録商標)
ういろ
米粉から作る和菓子です。
昔から美味しいお米が採れた近江地方。(江州米=現在の近江米)
そのお米を使った「ういろ」も近江八幡の名物となっています。
当店では、白の他に、抹茶味と黒糖味を販売しております。

PS:
名古屋が有名ですが本来は山口県の名物なんです。 今となっては”近江八幡”の名物でもあります。
長命のつゆ
葛湯、抹茶葛湯、しるこ (三種ございます)
熱湯を注いでいただくだけで召し上がっていただけます。
夏場は冷やしてもらうと違う味わいが楽しめます。
(登録商標)
近江幡山
(おうみばんざん)
白羊羹と小豆羊羹の2種類を渦状に流してあります。
包丁でカットして頂くと綺麗な模様が出てきます。
羊羹を作るのに最低限必要な材料のみで作り上げています。(寒天、砂糖、豆、水あめ)
機械工程ではなく手で煮詰めている完全手作り品です。
(登録商標)
むら雲殿
(むらくもでん)
フワッ!と柔らかいカステラ生地に、柚子のほのかな香りがする白粒餡をサンドしてあります。
(登録商標)
踊り笠
(おどりがさ)
どら焼き生地を小判形に焼き、北海道産の小豆粒餡を包んでいます。
名の由来は、祭り(踊り)の際に被る「編み笠」を模ったお菓子から来ています。
栗どら焼
生地に玉子を大量に使った自慢の一品。
中餡には、熊本産の栗を使用しています。
栗まんじゅう
一粒の栗を餡で包み焼き上げています。
生地はシンプルな昔ながらの製法です。 バターは使用していません。
手で一つ一つ包み焼いています。
梅宴
(うめうたげ)
一粒の梅甘露煮を白餡で包み焼きあげています。
種が入っているので、食されるときは要注意です。
栗まんじゅう同様、生地にはバターを使用していません。
練り羊羹
(ミニサイズ)
・本練羊羹 ・小倉羊羹 ・抹茶羊羹
少人数での食べきりサイズです。
上生菓子
こちらは、2日前までに注文をお願い致します。
その他
季節に応じた和菓子を販売しております。

※ 機械の導入はございません。 全て当店の手作りです。(仕入れ商品はございません)